LIFE STYLE

目標の達成率をあげるコツ / 小さな習慣「計画表PDF」を無料配布します

新年の抱負として立てた目標、すでにいくつか達成しましたか?

「健康的な食生活を送る」とか、「英語が話せるようになる」とか「○キロ痩せる」とか、色々な新年の抱負があるかと思います。

筆者も毎年のようにこのような目標を立てては、3月頃に目標をたてたことをすっかりと忘れ、夏が過ぎだんだん寒くなり、11月頃になって「あ・・・今年ももう終わるな。結局、何も達成しなかった。」というパターンを繰り返していました。

筆者はこれからご紹介することを実行し、「TOEIC900点越え」「年に2回以上の海外旅行=安定的な貯蓄」「健康的なライフスタイル」を手に入れました。今回の記事では、その方法についてご紹介します。

目標設定する時の問題点

結論:目標が大きすぎる!

習慣を作ろうとする理由は、達成したい目標や理想があるからですね?

しかし、その目標は現状から見て、ちょっと大き過ぎませんか?

大きな目標を立てると、人は目標達成のために最初から「大きな変化」を起こそうとします。例えば、「10kg痩せる」という目標を立てると、初日から1時間以上の運動をしようとしたり。「朝6時に起きる!」と決め、いつも9時に起きる人が、いきなり6時に目覚ましをかけたり。

このように、これまでの生活に大きな変化を起こそうとすると、体は急激な変化に順応することができません。体にとってこの変化が大きなストレスとなります。そして、多くの場合いわゆる「三日坊主」となります。

目標を作るコツは、今の自分の状況をしっかりと把握して、実現可能そうな目標、現実的な目標を立てることです。

自身の体験談をお話すると、私はTOEICで780点を保持していた時、次のテストの目標を900点としました。100点アップは現実的な目標だったからです。実際に、そのテストでは910点を取得しました。

目標と手段について

「目標」と「手段」の違いを意識していますか?

習慣を作る時、多くの人が目標にばかり着目し、目標を達成するための手段をあまり意識しません。当たり前ですが、手段を実行しなければ、永遠に目標を達成することはできません

例えば、「○月までに5kg痩せる」という目標を立てた時、あなたはその目標にばかり焦点を当てていてはダメで、その目標達成のための手段である「週3回はジムに行く(例)」という手段を着実に実行しなくてはいけません。

目標ばかりに焦点を当てていると、いつになっても達成しない目標を前に自己嫌悪に陥ります。

一度目標を立てたら、それからは達成のための「手段」に注目するようにしましょう。

習慣作りの始め方【重要】

目標を達成するためには、習慣づくりが大切です。習慣づくりをする際に、とても重要なポイントは、「小さく始めること」です。

具体例を2つご紹介します。

具体例:目標:7月までに3kg痩せる

手段:1回1時間程度の運動を、週2〜3回する

現状:運動を全くしていない

始め方:1回30分の運動を、週1回することから始めてみてください。

具体例:目標:TOEICで500点→600点を達成する

手段:毎朝6時に起きて、1時間英語を勉強する

現状:朝8時に起床していて、英語の学習時間はゼロ

始め方:週に3回、朝7時半に起きて、30分間英語を勉強する。

このように、習慣づくりの始めは「小さくはじめる」ようにしましょう。小さくはじめることで、達成率がぐんと上がります。

習慣化する為に必要な期間

「毎朝6時に起きる」や「毎日運動する」など、行動を習慣化するには一般的に21日間の継続が必要だと言われています。つまり、三週間ほどその行動を続けると、その後は意識しなくても自然に体が動くようになり、いわゆる習慣となるそうです。

習慣化のプランを立てる際、三週間、三ヶ月単位に区切って計画を立てるといいでしょう。

モチベーションを高める・維持する方法

目標達成にむけて、一番と言っていいほど重要なポイントは、モチベーションを「高めること」と「そのモチベーションを維持すること」です。

その際のコツは、目標と目標達成の過程を「見える化」することです。

目標を紙に書き出し、目に着く場所に貼ってみてください。そして、目標を達成した日はチェックを入れるようにしましょう。

こういった習慣作りの過程を見える化、記録することを、英語で「ハビット・トラッキング」と言います。

ハビットトラッカー表を作ったので、興味がある方は下のリンクからPDFを無料ダウンロードできます。是非、プリントアウトして使ってみてください。

小さくはじめるオススメ習慣

いきなり大きな目標設定をすることは、失敗に繋がりやすく、失敗体験が重なると、人は「自分は何もできない」などと、自信を失ってしまいがちです。

そこで私は、初めのステップ「小さな習慣づくり」に「朝起きてすぐ、ベットメイキングをすること」をおすすめしています。

誰にでも簡単に始められますし、お金もかかりませんね。これをまずは毎日、一週間ほど続けてみてください。

この小さな習慣を達成できたら、次の週は「ごはんを食べたら、食器をすぐに洗う」や「毎日15分以上の運動をする」など、次の小さな習慣づくりに取り組んでみてください。

このように小さな習慣をつくり、継続していくと、生活の質が上がるだけでなく、成功体験の積み重ねによって自分に自信がつくようになります。

今回ご紹介した方法を使い小さな習慣づくりをして、読者の方々の生活の質がすこしでも高まると嬉しいです。ご感想やご意見などありましたら、是非メッセージいただけると嬉しいです。