MINIMALIST

私の部屋に無いもの / ミニマリストな部屋

今回は、私の部屋に無いものについてお話しします。

まずはじめに、私は東京で一人暮らしをしています。部屋は1Kで、ユニットバスです。必然的に部屋にスペースが無いので、多くの日本人の家庭にあるようなものが、私の家には無いことが多いです。かといって、不便な暮らしをしているという訳ではないので、ちょっとご紹介します。

キッチン編

・炊飯器がありません

日本人たるもの炊飯器をもっている人は多いですね。残念ながら、私は持っていません。そもそも主食として麺を食べることが多いので、持っていたとしても炊飯器の活躍頻度は著しく低いです。なので、炊飯器は買っていません。代わりに数ヶ月に一度、通販で電子レンジ「ごはん」を買っています。1パック180g入りですが、私は1食100gくらいしか食べきれないので、1食あたり50円弱の計算になります。

・トースターがありません

これも炊飯器と同じ理由で、買っていません。パンを食べる時は、フライパンで焼いています。トースター、正直いらないですね・・・。

リビング編

・テレビがありません

海外生活をしていたことがあって、その時にテレビがない生活をしていました。(あったとしても、たいして面白い番組が無かったですが。)おかげでテレビ無し生活にすっかり慣れきってしまい、帰国して一人暮らしを始めた後もテレビを買いませんでした。

YOUTUBE大好き人間なので、テレビが無くても全然楽しいです。

・ソファーがありません

ある時、「はっ!」と気が付いたんですけど、部屋のレイアウトで、ソファーってたいていテレビの方向向いていますよね。先ほど書いたように、私の部屋にはテレビが無いので、ソファーに座ってすることが無いんです。

私は床に座ったり、視線が低くなる生活をすると、すぐにだらけてしまうという癖があります。だから、食事、仕事、勉強、パソコン、これら全てをデスク兼テーブルで行なっています。また、床にマットレスとかラグをひいていません。おかげで床に脱いだ服を放置したり、座り込んだりすることがありません。

このような生活スタイルのおかげで、圧倒的に生活の質が上がりました。

以上が、私の部屋に無いもの一例のご紹介でした。みなさんのお部屋にあって「当たり前だったもの」、もしかしたら無きゃ無いでなんとかなるかもしれません。何かのきっかけになると嬉しいです。